カテゴリー
カレンダー
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
アーカイブ
 
 
 
MOBILE
qrcode
<< 7分間、テレビを消してみたら | main | アカデミー賞授賞式を見て思うこと >>
美しすぎる雪の音
0

    ある夜のことです。

    友人の自宅で少しお酒をいただきました。

    友人宅から自宅までは、およそ2キロ。

    夜遅かったので、タクシーにしようか迷いましたが、外に出ると、さほど寒くなかったので、歩いて帰ることに。


    繁華街を抜けて、人通りが減り始めた頃。

    粉雪が降り出しました。


    深夜の静かな街に降る雪、きれいだなあ・・・



    低い街路樹のそばを通りかかった時、耳に入ってきたあの音が忘れられません。

    サアァーーーーー・・・・・・・・・・・・




    軽やかで、繊細で、羽毛が肌に触れるような、心地よい音でした。


    どうやら、雪が街路樹の枝にぶつかって鳴っていたようなんです。


    よく見ると、アスファルトの上には(気温の高い日が続いていたので、歩道に雪がありませんでした)

    小さな、小さな、でもまん丸い白いビーズのような雪が散らばっていました。


    粉雪かと思っていたら、あられのような、固い雪だったんです。


    その後も、アスファルトに降り注ぐ雪の粒が奏でる音が、あまりにも美しいので

    幸せな気持ちでいっぱいになって、家に着きたくないとまで思うほどでした。



    雪国に暮らす人は、雪の匂いや味、降る音、積もった雪に吸収されてしまう音・・・

    いろいろな雪の表情を知っているかと思います。


    私も知っていたはずですが、この日の雪の音は、美しすぎて、ただただ感謝してしまいました。


    幸せは、日常の中に見つかるものなんですね。
     
    | | 06:00 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする