カテゴリー
カレンダー
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
アーカイブ
 
 
 
MOBILE
qrcode
<< 物件探しは長期戦で 必要に迫られる前に探し始める | main | Twitter交流会に参加します このあと21時〜 >>
「もう1度食べたい!」リクエストしてしまったお土産
0

    おはようございます、Juneです♪

    夏休みの帰省シーズン、お土産を買う・もらう機会はありましたか?

    今日は、いただいたお土産の中で、本当においしかったお菓子の話題です。



     

    感動を伝えよう!


    私は、お土産をもらって本当においしかったら、その感動を伝えるようにしています。

    なぜなら、また食べたいからです(笑)


    同じ人から、またお土産をいただく可能性があります。

    もしかすると、毎年くれる人かもしれませんね。

    で、気を遣って、毎年違うものをくれる人がいます。


    きっと、「去年はこれだったし、おととしはあれだったし・・・」 と、悩まれているでしょう。

    もし、毎年同じものでよければ、悩む時間が減りますよね。

    だから、毎回これがいいんだと、伝えてあげます。


    もちろん、せっかくいただくなら、 好きなものがいいという合理的で自分本位な考えではありますが。



    とても仲がよい人ならはっきり「今度からコレがいい!」と伝えられます。

    一方、そうでなければ、ちょっとずうずうしいと思われてしまうかも。

    いや、むしろ催促しているように 受け取られるかもしれません。


    なので、とにかく食べた感動を素直に伝えるようにしています。


    「もらったお菓子、すごくおいしかった。1日で食べきっちゃった」

    「近くで売っていたら、自分でも買うくらいおいしい」

    「こんなにおいしいお菓子あるんだね。この辺で売っていたら人気でるよ」

    「何個食べても飽きないね」


    それでも気を遣って、また違う銘菓を買って来てくれる人はいます。

    そういう時は思い切って、

    「またあれが食べたいです!」と言ってしまいます。

    お土産を渡す人も、せっかくなら喜んでほしいはずです。

    しかも、悩まなくて済むので楽になるはず。

    ミニマリスト的気遣い!?


    ただ、箱菓子でずっしり重たいものは、さすがにリクエストしにくいですけれど・・・

     

    思わずリクエストしたお土産はコレ!



    ちなみに、Juneが最近、これがまた食べたいとリクエストしたのは

    先ほどから写真を載せている「桐葉菓(とうようか)」です。

    広島県は宮島の銘菓。


    とにかくもっちりとした皮がおいしくて仕方がないです。

    北海道に住んでいて、いろいろなお菓子を食べてきましたが、

    このもっちり感には出会ったことがありませんでした。

    もっちり感は、某ドーナツのポンデなんとかをびょーんと飛び越えたところにあります。




    材料は小麦粉でなくて、もち粉なんです。

    時間が経っても固くならないんです。

    「軽くトースターで焼いてもおいしい」と、リーフレットにあったので、 さっそく挑戦。



    手で割ったあとに焼いたのでこんな見た目に(^_^;)

    外側はパリッと、噛むと中はもっちりです。

    皮の甘さがより引き立つ気がします。

    寒い日や、甘いのが好きな方におすすめ。

    Juneはそのまま食べる方が好みでした〜。


    賞味期限は、「製造日の翌日より14日」ということです。

    アレルギー物質(特定原材料)の記載は、ホームページでは「乳、卵」だけでした。

    小麦アレルギーの人も食べられるのかも。

    ただ、もみじまんじゅうなど他の種類も製造している会社なので、

    同じ設備で製造していないかなど、1度確認された方が安心ですね。




    いや〜、2度目にいただいた桐葉菓もやっぱりおいしかったです。

    お取り寄せするには送料がネックなので、お土産でいただくのがうれしいですね。

    これから広島に行く方!桐葉菓は喜ばれると思いますよ♪


    逆に、北海道土産でリクエストされることもあるので、

    それも後日まとめて書いてみようと思います。

     
    | ミニマリスト | 08:26 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする