カテゴリー
カレンダー
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
アーカイブ
 
 
 
MOBILE
qrcode
<< 全身が喜ぶ!洗い立てのシーツの効能 | main | 【写真公開】4泊5日の出張パックはバケツ型で >>
本の窓が届いた!毎月のさりげないお楽しみ
0
     

    ひらけ!本の窓


    本の窓をご存知ですか?



    小学館の月刊誌です。
    Juneは年間購読を申し込んでいて、
    毎月忘れた頃にポストに届きます。

    公式サイトでは
     

    100円(税込)で読める、読み物&小学館の新刊情報誌。
    浅田次郎、江國香織、柴門ふみ、野村克也、西村京太郎など豪華執筆陣による小説、詩、エッセイなどの読み物連載に加え、読書案内、小学館の新刊情報も満載。112ページの小さな雑誌で驚くほど充実した内容。あなたの好奇心を存分に刺激します。定期購読は1年で1000円(税込)。



    とのPR文。

     

    びっくりプライス!1冊100円


    年間定期購読料の1000円には、
    なんと送料も含まれます!

    驚きの安さ!!!


    中身は、いうほど新刊情報が
    多くはなく、
    広告だらけという印象はありません。


    とにかく執筆者が、
    すごいラインラップです!




     

    待ち遠しい連載


    かくいうJuneは
    北海道ゆかりの作家、谷村志穂さんの
    連載小説「大沼ワルツ」が目当てで
    申し込みました。

    舞台となる土地の
    歴史的な事実を取材して書く
    谷村さんの小説は、
    その時代に
    自分が生活しているかのような
    気持ちにさせてくれます。

    単行本になるのが今から楽しみです。


    というJuneのような読者を
    育てる意味もあるんでしょうね。



     

    ぬおー!予想外の新連載


    そして最近、
    嬉しい連載が始まりました。

    3号前から、小池龍之介さんの随筆が!

    タイトルは「思い込みの突破法」。



    いつもの通りの小池節です〜!
    真っ先に読む連載となりました。

    執筆者の選定は、
    時代のニーズに
    合わせているんでしょうね。


    あー、これが100円って本当に安い。
    ちまたの有料メルマガより安い。

    小学館さん、ありがとうございます!


    小学生の頃、
    マンガの月刊誌が楽しみすぎて、
    急いで帰宅したほどのワクワクこそ
    感じていませんが、


    しかし、
    あっという間に過ぎていく毎日の隙間に
    ふとポストにやってくる、
    そのさりげなさが、
    とてもいい感じなのです。

     

    この値段だから楽しい


    安いので、なんとなく
    好きな連載だけ読んでも、
    罪悪感をさほど感じないのもいいです。
    (ごめんなさい)

    1冊1000円の厚い文芸誌を買ったら、
    「読まなくちゃ〜」って、
    自分にプレッシャーを
    かけてしまいますよね。

    楽しく読めるのは、この値段だからこそ。



    書店で見つけたら、手に取ってみては
    いかがでしょうか?

     
    | | 00:25 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする